基本的なテレHの流れはこんな感じ

基本的なテレHの流れはこんな感じ

やってみたいけど知らない世界すぎて躊躇してしまうのがテレエッチ。

 

周りでやっている人も少ない為、わからないことだらけで最初はどうしていいかわかりませんよね。

 

失敗を繰り返して試行錯誤するのも上達の道ではありませうが、何が行われているのか、どんなことをしているのかを知っておくだけでも全然違います。

 

テレエッチの基本的なやり方などを知れば初めてでも気軽にテレHすることができるようになりますので参考にしてみてください。

 

全体的な流れを把握をしよう

 

はじめましては2パターンある

 

「こんにちは」

 

「あっ、ああああ”んんん!」

 

どちらも初めて電話が繋がった相手への第一声です。

 

後者の方は頭がおかしくなったのかと思われそうですが、これもテレH。

 

最初に挨拶や軽い会話から徐々にエッチなプレイへと移行するやり方が前者で、

 

後者は即テレエッチオナニーをしていることろで、電話が繋がる前からオナニーをしている所に途中参戦する形なので

 

会話などはなくいきなりオナニースタートです。

 

どちらが初心者にはいいのかは人それぞれですが、後者はいきなりオナニーで会話をする必要がなく、

 

イッったら「ありがとう」というくらいで電話を終えれるので喋りが苦手な時や気分的に会話はしたくない時に向いてます。

 

会話できる前者の場合、「今回がテレエッチはじめてなんです」というと

 

やさしくやり方をレクチャーしてくれるお姉さんと繋がることも。

 

プロフィールを見たり聞いたりして、あなた好みのスタイルでどちらか選んでみましょう。

 

選んだプレイをやってみよう

最初は緊張すると思いますが、女性の声を聞きながらチ〇コをシコシコしているうちに気づいたらテレエッチの世界に没頭しているはず。

 

どちらにしても初めての場合はリクエストしたり会話で女性を濡らすことは難易度が高いので、

 

はじめのうちは女性と喘ぎ声のキャッチボールをしましょう。

 

相手と交互に、タイミングを合わせて喘ぐ。

 

手コキに連動させせながら

 

「ハァ、ハァ、ハァ」
「シコ、シコ、シコ」

 

とこんな感じで行うと女性がイメージしやすくなり興奮度が高まります。

 

これだけでフィニッシュまで到達することができるので臨機応変に状況に応じて出す声を変えたり、寸止めするフリをしてみたり、

 

色々な小技を使いながら互いに気持ちよくなりましょう。

 

興奮の絶頂まで二人で険しい山を登り行く感じなので登頂した際の達成感が射精フィニッシュですね。

 

え?これだけでいいの?という感じではありますが、これだけです笑

 

難しいことをしようとして失敗したら苦手意識が生まれるので

 

まずはこのやり方でテレエッチを楽しんでみましょう。

 

テクニックはテレホンセックスに慣れてきてからでも全く問題ありません。

 

さいごに

女性側のテレエッチあるあるで、

 

「終わった瞬間に電話を切られると寂しい」

 

という言葉があります。

 

女性は気持ちいいテレHが終わって電話越しの相手の息遣いで余韻に浸りたいので

 

気持ちよくなったら少しだけ余韻の時間を作り、最後に「ありがとう、気持ちよかったね」

 

と一言言って電話をきりましょう。

 

最高に相性が良かったパートナーならば次回の約束をして長期的に電話エッチする仲になることもよくありますので、

 

良い方と出会ったら勇気を出して次回の約束をしてみるのもいいですね。

page top